会陰切開を防ぐには??会陰マッサージとは?いつから始める?

妊娠も安定期に入ると、両親学級やマザークラスなどお産や育児について知る機会が多くなります。

その中でも、お産の時に会陰切開というものを行う必要があるという説明を受けます。

できることなら会陰切開は避けたいと考える妊婦さんが多いです。

その会陰切開を避けるために「会陰マッサージ」というものがあります。

今回は、会陰マッサージを始める時期や会陰マッサージの方法、効果について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル 大

会陰とは?

会陰マッサージを始める前に、会陰の場所をきちんと把握しておきましょう。

会陰は、女性の陰部と肛門の間の部分をさします。

出産時にこの部分が伸びて広がり赤ちゃんが出てくるという訳です。

会陰マッサージはいつから始める?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m

会陰マッサージは、一般的に34週ごろから始めるのがいいようです。

しかし、産院によっては妊娠後期に入ることからすすめていたりするので、「〇週から絶対に始める」というのはありません。

また、お腹が張りやすい方は臨月に入ってからがいいといわれています。

会陰マッサージを始める際には、かかりつけの産婦人科の先生と相談して始めてもよいか確認するといいですね。

会陰マッサージをする前の注意点

read-259169_960_720

・体調がすぐれない日はマッサージをしない

まずは体調が安定しているときにマッサージを行いましょう。

無理にマッサージをして何かあってもいけません。

・清潔な手で行う

手はきれいに洗ってある状態で行いましょう。

また、陰部や会陰を傷つけてしまう恐れがあるので爪は短く切っておくといいですね。

・肛門に触れないようにする

肛門に触れた手でマッサージしてしまうと、大腸菌がついてしまったり不衛生なので間違って触らないように気をつけましょう。

・オイルが体に合うかパッチテストを行う

植物100%のオイルを使用していても合わない場合があります。

デリケートな部分なのでパッチテストを行い肌に異常がないことを確認してから使用しましょう。

会陰マッサージの方法

baby-718146_960_720

会陰マッサージは、週に2~3回のペースで行いましょう。

(毎日行うのもいいですが、効果は2~3回と変わりないそうです)

入浴中やお風呂上りにマッサージしましょう。

体が温まった状態だと、オイルも浸透しやすく、皮膚も柔らかくなっていることからおすすめされています。

マッサージの時間は、5~10分間行ってください。

マッサージをする指にオイルをつけて次のようにマッサージを行ってください。

会陰の部分にUの字を書くように

指1~2本にマッサージオイルをつけ、膣に3~5cm挿入し、内側の壁をUの字を描くようにマッサージする方法です。

時計で例えると、おへそを12時として、3時から9時の方向にそっと押しながらマッサージします。

会陰の部分に円を描くように

会陰をくるくると横に円を描くようにマッサージする方法です。

コットンでオイルパック

skincare-1461395_960_720

マッサージのほかにも、コットンを使いオイルパックするのも効果的だとされています。

マッサージがしにくい、イマイチコツがつかめないという方はオイルパックから始めてみてみるのもいいですね。

まとめ

pregnant-193850_960_720

会陰マッサージをすることで、会陰切開を避けられる可能性があります。

週2~3回継続して行うことで効果があるそうなので、出産までコツコツ続けてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大