妊娠中は日焼け止めを使える?赤ちゃんに影響は??

気温も暖かくなり過ごしやすい季節になってきました。

季節の変わり目と同時に気になるのはお肌に降り注ぐ「紫外線」です。

女性にとって紫外線は、シミ・しわ・そばかすなどの原因になる有害なものです。

それは、妊娠していても変わらないことです。

しかし、妊娠中は何かと制限されることが多く、日焼け止めって使っていもいいものなのか気になりませんか?

そこで、「妊娠中に日焼け止めは使えるのか」「赤ちゃんに影響はあるのか」など妊婦さんの日焼け止め疑問を解説していきます。

スポンサーリンク
レクタングル 大

妊娠中は日焼け止めを使える??

2b34b16995450d2701171c1d80e09460_s

日焼け止めを使えるかどうかは一番重要なことですよね。

結論から言うと、妊娠中でももちろん日焼け止めを使うことができます!

むしろ、妊娠中こそ日焼け止めを使って紫外線対策をしっかり行うべきでしょう。

妊娠中は妊娠前よりも、ホルモンバランスの影響により、メラニンを作り出すメラノサイトの働きが活発になり、しみ・そばかすが濃くなったり、できやすい状態になっています。

紫外線対策をしないまま外出すると、ダメージは妊娠前以上といえます。

日焼け止めは赤ちゃんに影響する??

2536358399_c16896768f

日焼け止めは赤ちゃんに影響するということは報告されていないようです。

はっきりと大丈夫とは言えませんが、肌に優しいものを選べば問題ないように思います。

お母さんが直接口にするものであれば、赤ちゃんへの影響も考えられますが、肌に塗ってその成分が浸透し赤ちゃんに伝わるとは考えにくいですね。

妊娠中は肌もデリケートで荒れやすいですし、肌に優しい日焼け止めを選ぶようにするよいいでしょう。

妊婦さんの日焼け止めの選び方

sunscreen-1461335_960_720

紫外線吸収剤不使用のもの

紫外線吸収剤は、肌への刺激が強いため妊婦さんが使う日焼け止めには使用されていないものを選びましょう。

オキシベンゾン、メトキシケイヒ酸オチクル、シラソーマなどの成分が記載されていれば紫外線吸収剤なので注意してください。

オーガニック成分

オーガニックは、肌に優しい天然素材なのでおすすめです。

敏感肌用・赤ちゃんにも使えるもの

敏感肌用・赤ちゃんにも使える日焼け止めは、石鹸などで落とすことができ肌への負担を減らすことができます。

また、優しい成分で作られているので妊娠中で敏感になっている肌にも使いやすいでしょう。

妊娠中は飲む日焼け止めはNG!

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

一般的に、飲む日焼け止めは薬ではなくサプリメントという扱いをされているので、妊娠中でも飲んでも大丈夫かもしれない…と思われるかもしれません。

しかし、飲む日焼け止めは体内に吸収されるものなので、100%赤ちゃんへの影響がないとは言い切れません。

飲む日焼け止めをお考えになられている方は、かかりつけの医師に相談してから服用しましょう。

赤ちゃんのことを考えるなら、妊娠中は避けるのが無難でしょう。

まとめ

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

妊娠中は、ホルモンバランスの影響でしみ・そばかすなどができやすかったり、元々あったものが濃くなったりしてしまいます。

そのため、日焼け止めを使ったりして紫外線対策をしっかりするべきでしょう。

妊娠中は、肌が敏感になっていて荒れやすいので、紫外線吸収剤不使用のものや敏感肌用の日焼け止めなどを活用するといいですね。

日焼け止めを塗ることで赤ちゃんへの影響を心配される方もいらっしゃると思いますが、肌に優しい成分の日焼け止めを使うことで安心して使用できると思います。

妊娠中は、いろいろなことにデリケートになってしまいますが、あまりストレスを溜めないように穏やかに過ごされていくださいね。

楽天やAmazonで売り上げNo.1商品!芸能人も多数愛用中の人気日焼け止めはこちら↓

ALOBABY UV&虫除けミスト>>>

アロベビー UV&アウトドアミスト

スポンサーリンク
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大