妊娠中の運動!妊婦さんはジョギングしてもいいの??

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに影響があるから走ることはダメとよく聞くと思います。

走る=ランニングはダメなら、ジョギングはしてもいいの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

妊婦さんがジョギングをしてもよいのかについて紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル 大

妊娠中走るのがダメな理由

転倒の恐れ

妊娠中に走ると、転倒してしまう可能性があります。

お腹の赤ちゃんはお母さんの羊水の中にいるので少々の衝撃があったとしても大丈夫なことが多いですが、転倒となると衝撃も強く影響を与える可能性が高くなります。

特に妊娠初期は、胎盤が完成していないため赤ちゃんの保護が不十分な状態です。

さらに赤ちゃんはまだまだ成長途中なので、転倒した時には赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまいます。

酸素不足の恐れ

妊娠中は、脈拍が上がるような激しい運動は禁止されています。

脈拍が上がり、息が荒くなると酸素不足になってしまいます。

妊娠中は、赤ちゃんに血液を送るために血液量が増加しており、鉄分が不足気味です。

そのため、貧血や立ちくらみなどの症状を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

さらに酸素不足になると、赤ちゃんにも酸素が十分に送られなくなってしまいます。

このことから、妊娠中は走ることは禁止されています。

妊娠中のジョギングは?

shoes-1678589_960_720

ジョギングは、ゆったりと自分のペースで走ることをいいます。

息が上がらないくらいのペースならジョギングしても大丈夫でしょう。

先ほどもいいましたが、転倒の可能性は十分にあります。

安定期に入ってからのジョギングであったとしても、転倒してしまうと赤ちゃんに絶対影響がないとは言い切れません。

自己判断でジョギングをしていて、もし何かあったとしても自己責任になります。

万が一のことを考えるとジョギングもやはりやめておくのが安心だといえます。

妊娠中にジョギングをする場合は、かかりつけの医師と相談してからにしましょう。

妊娠中はウォーキングがおすすめ

legs-1120197_960_720

激しい運動は禁止ですが、適度な運動は必要になります。

産婦人科の多くはウォーキングを推奨しています。

転倒する恐れも少ないですし、息が上がることもありません。

お腹に負担がかかることも少ないので妊娠中に誰でもできる運動です。

ウォーキングをする目安の時間としては、30分以上といわれています。

妊娠後期に入るとお腹が前に出てきて足元が見えづらくなるので気をつけてくださいね。

まとめ

autumn-1850044_960_720

妊娠中のジョギングは、かかりつけの医師と相談したうえでするようにしましょう。

また、ジョギングをするときは転倒などの恐れがあるので十分に気をつけましょう。

妊婦さんに負担が少なくておすすめの運動はウォーキングです。

転倒などの心配も少なく誰でもすることができます。

妊娠中の運動は安産にもつながりますので、運動できる日はお腹の赤ちゃんと一緒にウォーキングしてみてはいかがですか。

スポンサーリンク
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大