妊婦はアイスクリームを食べても大丈夫?妊娠中のアイスの注意点!

妊娠中は、甘いものが無性に食べたくなりませんか?

つわりで気分が悪い時に冷たいものを食べると気持ち悪さが治まったり。

そんな両方を叶えてくれるアイスクリーム。

しかし、妊娠中ってそもそもアイスクリームを食べても大丈夫なの?と思う方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、妊娠中のアイスクリームの注意点と上手な食べ方について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル 大

妊娠中にアイスクリームは食べてもいい?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_m

妊娠中にアイスクリームを食べても大丈夫です。

ただ、アイスクリームはカロリーが高く、糖分や脂肪分も多いので食べ過ぎると良くありません。

妊婦さんは、体重が増えすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群を引き起こしたり、難産になってしまうリスクが高くなります。

また、食べ過ぎると体重増加だけでなく、浮腫みの原因や体が冷えてしまうので注意してくださいね。

体が冷えてしまうと、お腹の張りの原因にもなってしまうので、アイスクリームを食べるときは温かい場所で食べるなどして体を冷やさないようにしてくださいね。

アイスクリームの種類

ice-cream-1123717_960_720

種類

私たちがよく目にするアイスクリームには3種類のアイスクリームがあります。

・ラクトアイス…乳固形分3%以上

・アイスミルク…乳固形分10%以上、うち乳脂肪分3%以上

・アイスクリーム…乳固形分15%以上、うち乳脂肪分8%以上

選び方

妊娠中に食べるアイスクリームは食べる量も大切ですが、どのアイスを食べるかも重要になります。

「乳固形分」と「乳脂肪分」が高い、アイスクリームと表記されたものを選ぶようにしましょう。

乳固形分と乳脂肪分が含まれているのが少ないラクトアイスには、添加物や植物油脂が使われているので体にあまり良くないといわれています。

アイスクリームに含まれる添加物が、胎児に影響を及ぼすリスクは高くないようですが、絶対に影響がないともいいきれないので、影響のあるものはできるだけ避けたいですね。

また、カロリーでみてもアイスクリームよりラクトアイスの方がカロリーが高めになっていますよ。

アイスクリームを選ぶときは、種類に注意して選ぶといいですね。

妊婦さんの1日のアイスクリームの量は?

ice-cream-1059784_960_720

アイスクリームは、牛乳を原料としているため、カルシウムなどの栄養分を含んでいます。

しかし、先ほども紹介した通り、アイスクリームはカロリーが高く、糖分や脂肪分も多いので食べ過ぎは良くありません。

では、どのくらいの量なら食べても大丈夫なのでしょうか。

販売されているメーカーや種類によってもカロリーなど違ってきますが、1日1個までにしましょう。

また、アイスが食べたいから食事量を減らすということはしないでください。

アイスには、ビタミンなどの栄養分が含まれていないので栄養が偏ってしまいます。

1日1個でも、体重増加につながってしまうことが十分にあり得るので、2日に1個など工夫をして食べるようにするといいですね。

まとめ

3492728122_329cb1066f

妊娠中にアイスクリームを食べても大丈夫ですが、体重増加の原因になるので食べ過ぎないようにしてくださいね。

また、アイスクリームにも種類があるので購入するときは表記されている種類にも注意して選んでください。

食べる量や種類に気をつけていれば、食べてはいけないものではないので、食べることを我慢しすぎてストレスを溜めないようにしてくださいね。

妊婦さんみんなが選んでいる葉酸サプリはこちら↓

葉酸サプリ【プチプラ】ランキング!お財布に優しくて続けやすい
葉酸サプリ【プチプラ】ランキング!お財布に優しくて続けやすい
多くの妊婦さんに愛飲されている葉酸サプリ。しかし種類が豊富で、何がおすすめでどのようにして選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょ...
スポンサーリンク
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大