妊娠線っていつからできるの?いつから予防するの??

妊娠して少しずつお腹がふくらみ始めたら、1番気になるのは「妊娠線」のことではないでしょうか。

私も妊娠に気づいてからは、妊娠線のことをたくさん調べました。

「産後も綺麗でいたい」というのは、みなさんも思われると思います。

そこで今回は、妊娠線はいつからできるのか、いつから予防すればいいのかについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル 大

妊娠線ができてしまう理由は?

pregnant-1577212_960_720

そもそも妊娠線がなぜできてしまうのかということを説明したいと思います。

赤ちゃんの成長とともに妊婦さんの皮膚は伸びていきます。

妊娠中期以降になると赤ちゃんが一気に成長し、妊婦さんの体には急激な体型変化が起こります。

お腹周りは特に大きくなっていきますよね。

その急激な体系変化によって皮膚の伸びが追いつかずに、肌に亀裂が入ってしまい妊娠線ができてしまうのです。

また、ホルモンバランスの乱れによって肌が弱くなりやすく、代謝が低くなり妊娠線ができやすい状態になるともいわれます。

妊娠線は主に、下腹部やおしり、太もも、足の付け根、二の腕、バストなどにできることが多いです。

妊娠線はいつからできる?

9a6077eb10c5cca00181a529a30908a7_s

妊娠線ができる時期には個人差がありますが、早い人だと妊娠4~5ヶ月ほどでできてしまうそうです。

できやすい時期で1番多いのは、妊娠6ヶ月以降といわれていますよ。

妊娠6ヶ月ぐらいになるとつわりも落ち着いて食欲が増して体重も増えてしまう傾向にあるからだそうです。

また、出産する直前で妊娠線ができた方も少なくないので、いつできるかは本当に個人差があるので注意してくださいね。

こんな人は妊娠線ができやすいから注意!

小柄な人

身長が低いというよりかは、小柄な人ができやすいといわれています。

小柄な人は、皮膚の面積が狭いですよね。

小柄な人が妊娠しても赤ちゃんの成長する大きさは小柄とは限りませんよね。

そのため、体の皮膚が引っ張られやすく妊娠線ができやすいということになります。

体重増加が著しい

2a1c54f1ff2c1135d56ecc2965995f4c_s

妊娠中の体重増加が著しい人は要注意です。

必要以上に体重が増加してしまうと、その分脂肪も増えて皮膚が引っ張られてしまいます。

また、徐々に体重が増加する場合は妊娠線ができにくく、急激に体重が増加した場合は妊娠線ができやすくなります。

多胎児妊娠している

twins-1628843_960_720

双子以上になると、お腹の大きさも通常よりも大きくなります。

そのため妊娠線ができやすいです。

経産婦である

経産婦の人は、初産婦の人と比べると、子宮が1度伸びているのでお腹が大きくなりやすいです。

1人目で妊娠線ができなかったとしても、2人目で妊娠線ができてしまうというケースがあるようです。

皮下脂肪が多い

皮下脂肪は伸縮性がなく、皮膚が伸びても皮下脂肪が伸びることはありません。

皮膚が伸びているのに、皮下脂肪が伸びることができずに妊娠線ができてしまうのです。

妊娠中は、運動不足にもなりがちです。妊娠してから皮下脂肪が増えたという人は注意が必要ですよ。

乾燥肌の人

乾燥肌の人は、肌にうるおいが少ないので柔軟性がなくなってしまいます。

柔軟性がないと、皮膚が引っ張られた時に亀裂が入りやすいので妊娠線ができやすいといわれています。

妊娠線の予防はいつから始める?

pregnant-1245703_960_720

妊娠線予防は、妊娠初期からが効果的だといわれています。

予防の方法は、妊娠線予防クリームを使ってマッサージするのがいいでしょう。

マッサージをするとお腹の張りを感じるという方は妊娠線予防クリームを塗るだけでも妊娠線予防になりますよ。

妊娠線予防クリームを塗ることで、肌の保湿力を高めて、乾燥を防いでくれます。

肌にうるおいがあると柔軟性も高くなるので妊娠線ができにくいです。

私も妊娠4ヶ月ごろから現在の妊娠7ヶ月まで毎日欠かさず妊娠線予防クリームを塗っています。

妊娠による肌のマイナートラブルは少々ありますが、妊娠初期からケアしていたからか、妊娠線は今のところできていません。

食生活を見直したり、適度な運動を取り入れることで妊娠線予防につながるのでためしてみてください。

妊娠線ができてしまったら?

pregnancy-1271739_960_720

妊娠線ができないようにしていても、絶対妊娠線ができないとは限りません。

もしケアしていても妊娠線ができてしまった場合、妊娠線ができてしまったからと諦めてしまうのではなく、継続してケアすることが大切です。

継続して予防していくことで、できている妊娠線が薄くなることもあります。

また、これからできる妊娠線の予防もできますよね。

まとめ

pregnant-woman-1910302_960_720

妊娠線は、早い人で妊娠初期からできる人もいます。

一般的には、つわりが落ち着いてきだした妊娠6ヶ月以降だといわれています。

妊娠線は、お腹回りだけでなく、おしり、太もも、足の付け根、二の腕、バストにもできやすいのでお腹以外の予防もしっかりしてくださいね。

妊娠線予防を始めるのは、妊娠初期からが効果的だといわれています。

妊娠線予防クリームを使って、肌をしっかり保湿しましょう。

また、食生活を見直すことや、適度な運動をすることでも妊娠線予防になるのでためしてみてくださいね。

もし、妊娠線ができてしまっても継続して予防しましょう。

予防を続けることで、できてしまった妊娠線を薄くできることもありますし、妊娠線が増えてしまうことも防げますよね。

産後もきれいでいるために、妊娠線予防がんばりましょう!

妊婦さんが選んだ人気の妊娠線予防クリームランキング↓

妊婦さん必見!妊娠線ができない妊娠線予防クリームランキング!
妊婦さん必見!妊娠線ができない妊娠線予防クリームランキング!
お腹が大きくなるにつれて胎動を感じれるようになったり、妊娠しているという実感が湧いてきますよね。 しかし、お腹が大きくなると気...
スポンサーリンク
レクタングル 大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大